3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社−社長解任劇で(時事通信)

 富士通の野副州旦元社長の解任劇をめぐり、同社から「反社会的勢力との関係が疑われる」と指摘された投資会社と関係者2人が15日、富士通の秋草直之相談役、間塚道義会長ら3人を相手取り、名誉棄損による3億3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴した。
 投資会社は「断じて反社会的勢力と何ら関係がない。被告らの行為により、マスコミ報道などを通じて著しい社会的評価の低下が生じ、業務に多大な支障を来すことになった」と主張。富士通は「訴訟が届いていないのでコメントできない」としている。 

【関連ニュース】
警察広報ミスで名誉棄損=慰謝料支払い命じる
名誉棄損「報道と同基準」=ネット書き込みで初判断
楽天、新潮社と和解=名誉棄損訴訟で
毎日新聞社長らを書類送付=元秘書官めぐる名誉棄損
船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損

火山噴火 降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設−前原国交相(時事通信)
[PR]
by d1rjjlkayk | 2010-04-21 19:03
<< 父の遺産計2億5000万円脱税... ネット利用した選挙運動、参院選... >>