自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相や河野太郎衆院議員らが谷垣禎一総裁の進退に言及した問題で2日、執行部側は反論を開始した。また、執行部は、舛添氏らが相次いで開いている「勉強会」が、いずれ「谷垣降ろし」の拠点になるのではないかと警戒し、党内で高まりつつある執行部批判の火消しに躍起になっている。だが、舛添氏は2日も同様の発言を重ねており、7月の参院選に向けて党内の混乱に拍車がかかりそうな状況だ。

 「舛添氏は(大敗した)昨年の衆院選の時、内閣にいたはずだ」

 自民党の大島理森幹事長は2日の記者会見でこう言って、舛添氏に今の党運営を批判する資格がないと強調した。政党支持率が低迷しているとの指摘に対しても「長崎県知事選や東京都町田市長選、沖縄県石垣市長選で自民系候補が勝利した。言われているような実態でない」と反論した。谷川秀善参院幹事長も同日の記者会見で、舛添氏に発言の真意をただす考えを明らかにした。

 しかし、平成22年度予算案審議をめぐるちぐはぐな対応をきっかけに高まった執行部への不満は党内に根深く、簡単に抑えられそうにない。

 舛添氏は1日の講演で、世論調査で低迷する政党支持率を踏まえ、「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と述べたのに続いて、2日も「(党への)支持率がこのまま低迷すれば、選挙に勝てないという文句の声が出る観測もある」と強調した。

 また、大島氏の発言に対しては、「独裁の民主党じゃないので、自由な発言にこんな目くじらを立てるようではわが党の将来はない」と皮肉る余裕をみせた。

【関連記事】
舛添氏“おろし”発言に谷垣氏「団結大事」と反論
仙谷氏、新党連携に否定的 舛添氏発言
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添氏「手を突っ込む」 民主の一部と連携も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

三峯神社
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)
都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)
<新型インフル>WHO「最悪期過ぎた」判断先送り(毎日新聞)
二所ノ関部屋マネジャー?首つり自殺 大阪(産経新聞)
[PR]
by d1rjjlkayk | 2010-03-03 10:15
<< 高校無償化、朝鮮学校「検討中」... <雑記帳>10年前のさい銭ドロ... >>