強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル−東大医科研など(時事通信)

 強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念(医療介護CBニュース)
過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり−鹿児島地裁(時事通信)
民主・小林議員の会計責任者、資金受領認める(読売新聞)
大阪ガス ロボットでガス管点検 阪大と共同開発(毎日新聞)
[PR]
by d1rjjlkayk | 2010-02-24 02:40
<< 「火消し役、終えた」漢字検定協... 伊藤忠、岡藤副社長が社長就任(... >>